スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクロッグを考えてみる(1)

考察第1回はドクロッグということで
今回は使用頻度が高いダブルバトル前提で考えてみたいと思います。

ドクロッグと言えばWCS2009で優勝した草薙昨日さんが使って一躍有名になったといっても過言ではないポケモンですが
GSルールでも種族地の壁に対抗しながら優秀なアンチ雨ポケモンとしての地位を確立してるんじゃないかと思われます

では以下追記にて

>>種族値

HP83 A106 B65 C86 D65 S85 Total490

という風に特に突出しているわけでもなく、防御面にも不安を残す値となってます。
ただ攻撃は106と技次第で十分戦える上素早さ85族も早いとはいえないものの十分なライン。
正直600族でも高いとされないGSルールにおいてはトータル490は低いんですがそれを補う小回りを利かせたいところ。
ASぶっぱで襷を持ってもいいんですが、それじゃあ芸がないので少し考えてみましょう。

>>性格
意地っ張り/陽気
かなと思います。個人的に使うなら意地っ張りを採用したいとは思いますが・・・。
というのはこいつの主に使う技は猫だましや不意打ちといった優先度を持った技であり、同じく猫だましを打ってくるルンパに対してはすいすいで抜かれているであろう点、また抜かれていてもルンパの攻撃は怖くない点が挙げられます。
素早さが85族なので81族のギャラや80族を意識するならば陽気を採用でしょう。
意地っ張りの場合は攻撃のラインを上げることができる一方素早さを捨てることになりますが、その分耐久に若干回せますね。


>>素早さ

補正あり最速にすると実数値にして150。無補整252振り97族抜きとなんともいえない数値になります。
おそらくこのあたりは補正ありにしてくる、もしくは調整されているので意識しなくいてもいいかと思われます。
ちなみにこの状態は最速スカーフトリトドンと同速です、流石にいないでしょうが・・・・。
ということで素早さは落としていいんじゃないかと思います。
スイクン・クレセリアが同速なので、一応ちょっとでも努力値を割けば無補整6振りは抜けます。
対スイクン単体で見れば毒も入らず波乗りが効かずなので基本的に相手は突破できないですが、此方も有効な突破手段がないのでシングルならば積みの起点にされないように注意。


>補正あり最速ギャラ(81族抜き):実数値147が必要
補正ありV仮定で228振り/補正無しの場合不可
おそらく龍舞ギャラは陽気最速の可能性が十分にありギャラを気にするのならばここ。
後出しされるでしょうが、雷パンチやエッジ、不意打ちでなんとかできないこともなさそうか…。
ただしドクロ後出しギャラが来た場合相手優位は変わらないのでパーティと相談ですよね。

>補正無し252振りギャラ(81族抜き):実数値134が必要
補正ありV仮定で132振り/補正無しの場合V仮定で228振り

一応意地っ張り252振りギャラですね。龍舞1回でも最速130族-1なのでいないかな…。
ただギャラ自体の素早さが81族なのでそのギャラを抜く調整にするということは80族抜き抜き調整にするということ。
そう考える場合はこうですね

>補正無し6振りギャラ(81族抜き):実数値103が必要
補正あり個体値8以上無振り/補正無し個体値27以上無振り
実際種族値60~80ラインのポケモンは81族抜き調整にしてくることが多いので、さらにこれを抜く調整が必要かと。
その場合は当然個体値のラインが1あがるだけです。

>補正あり252振りバンギ(61族抜き):実数値125が必要
補正ありV仮定で68振り/補正なしV仮定で156振り
WCS09やWCS10でとにかく採用されるバンギラス。技的にかなり優位に立てるので是非抜いておきたい。
最速がいるかどうかはわかりませんし最速の場合はスカーフ持ってるかもしれないですが、それでもスカーフではないバンギは必ず抜いておきたい。そう考えた場合に超えたいライン。
一応バンギもよくできた61族なので最速バンギ抜き調整ということは最速60族抜き抜き調整ということ。

>補正無し252振りバンギ(61族抜き):実数値114が必要
補正あり素早さ個体値29以上ならば無振り/補正無しV仮定で68振り
スカーフを持てば最速ガブ抜き抜き調整になることから考えてこの振り方のバンギは確実にスカーフでしょう。
よって考慮外とします。一応抜きたい場合はこの振り方ですね。


>補正あり252振りグロス(70族抜き):実数値135が必要
補正ありV仮定で140振り/補正無しV仮定で236振り
補正あり252振り70族はスカーフ持ちで最速130族抜きになることからスカーフ濃厚。
それでもトリック後も含めてそれを抜く場合はこの振り方。

>補正無し252振りグロス(70族抜き):実数値123が必要
補正ありV仮定で52振り/補正無しV仮定で140振り
それこそいないでしょう流石に・・・・。一応参考までに。
一応実数値123は6振り100族抜き抜きなのでそれも参考までに。


その他GSで出てくると考えられるポケモンの素早さ等
140:補正あり最速ドーブル抜き
135:補正あり最速ルンパッパ抜き
112:無補正6振り90族(ディアルガ・カイオーガ・グラードン・ホウオウ)抜き


ということで今回は素早さを中心に考えてみました。
次の記事では攻撃のラインも確認してみて最終的な調整を検討していきたいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かみみや

Author:かみみや
職業:大学生
性別:男
趣味:いろいろ

New Arrival
New Comment
Category
Monthly Archive
Link
Counter
Search in ThisBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。