スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSルンパ考えてみた(1)


今回はルンパッパに関して考察したいところ。
前述したGS記事の中身が圧倒的にないので、今回はちょっとメモも兼ねて数値面でのお話。

想定するパーティは
前:ホウオウ/ルンパッパ
後:グラードン/クレセリア

要するに今大流行りのホウオウルンパの横のルンパに関してですね。


では以下追記にて


>>素早さに関して
実数値と気になった数値はメモで表記します。

134:環境が回って最近見かける最速ルンパ。当然こご風1回で130族抜き。
126:雨時に最速スカーフパルキア抜き。
122:無補正252振り
119:雨時に最速スカーフカイオーガ抜き調整ルンパ抜き。
118:雨時に最速スカーフカイオーガ抜き。
90:無補正無振りルンパ。この段階で実数84(90族下降補正-1)より早いのは成立。雨下で最速110族抜き抜き。
67:最遅ルンパ。正直猫だまし持ってる以上トリパ意識でも早いに越したことはないのでかなり微妙。


>>特攻に関して

ルンパッパはやはりメインウェポン草結びでグラードンカイオーガ意識した調整にしたいところ。
サブローパでは珠ドロポンを打ってくるわけですが、今回はそうではないので主に草結びでのグラカイが中心。

基本的に特攻無補正でもHに振ってないオーガ(つまり高い確率で臆病スカーフ)は草結びで確定2
冷静でH252振ってるカイオーガを確定2にしたいならば実数値122から可能です。
実際他の伝説に対してはあまり有効打には成りえないのでこのあたりで思考放棄でいい気もします。
まずは最低ラインの値は確保したので一旦放置して耐久面をみたいですね。


>>耐久面に関して
Hに252振ると187。
食べ残しを持つならば実数値177が安定でしょう。16n+1調整ですね。
今回は上述した段階でHPに252振る余裕が無い、かつ食べ残しを持たないので175の16n-1調整にしておきます。
次にDですがH175だとDの実数値137からカイオーガの雷確定2回耐えます。

この段階でBに振れる努力値は6しかないので、6をそこに振ることにします。実数値は91ですね。
実数値95から意地っ張りヌケニンのシザークロス確定2で耐えるのですが、余裕はありません。
ゴウカザルを嫌うなら、無補正の猿ならばB99から猫だまし→インファイトを最大乱数2回引かない限り耐えます
B100にしてやるかH177にすると当然確定で耐えますが、それは参考までに。


ということで以上を踏まえて今回ホウオウの横に立たせるルンパッパはこちら


ルンパッパ@穏やか
草結び/猫だまし/宿木or守るor凍える風
H:175(156)
A:XX
B:91(6)
C:122(92)
D:136(28)
S:119(228)

HP:16n-1調整
C:無補正H252D4カイオーガを草結びで確定2調整
S:最速スカーフカイオーガ抜きルンパを抜く調整
D:補正有C252カイオーガの雷超高乱数2耐え調整(HP175に対してダメージ74-88)


です。次回は横に立てるホウオウについて考えていきたいところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

かみみや

Author:かみみや
職業:大学生
性別:男
趣味:いろいろ

New Arrival
New Comment
Category
Monthly Archive
Link
Counter
Search in ThisBlog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS Feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。